RISK Lab(リスク ラボ)代表  金田 知博(かなだ ともひろ)

リスクマネジメント コンサルタント

 福岡生まれ。地場大手建設会社に入社し、建築設計・施工・営業を経て、不動産開発や店舗展開に従事する。その後、経営企画室や総務・法務・労務を歴任し、全店の危機管理の対応やリスクマネジメントに携わり、さまざまな対処や問題解決の経験をする。

若い頃に仕事上のトラブルに何度も遭遇し、その中であるときトラブル先のお客様から、「トラブルはいつもやってくる。逃げると追いかけてくるから、それを追い越すことでトラブルは解決するんだ。」と言われ、鮮明な記憶が残る。
そのことから、そのトラブルを追い越すとは、

『それと愚直に対峙することで解決に至り、さらにその行動がプラスの影響を与えるようになる』ということを理解する。


 それから積極的にトラブル対応を行ない、それを追い越した途端に大きなプラスの可能性やリスクと思っていたことが成長やチャンスの機会となり、多くの問題を解決できるようになる。

 退社後、中小企業の『リスクマネジメント』が遅々として進んでいないことを肌で感じ、それらのリスクをできるだけ根絶するため、この実施プロセスをすこしでも多くの会社にお伝えすることに社会的意義があると確信し、Risk Lab(リスク ラボ)を立ち上げる。

また、同時に会社のリスクマネジメントにはその企業文化を並行して成熟させていかなければならないという経験則から、キャリアコンサルタントとして欧米的なリスクマネジメント手法だけではなく、グループダイナミクスなどの組織心理学を導入した手法で、組織を活性化させる独自のメソッドを考案する。

RISK Lab(リスクラボ)

 リスクの意義を深め、世の中のリスクヘッジ(リスク低減)はもちろんのこと、対極のリスクテイク(敢えてリスクをとってチャレンジしていく(攻めの経営戦略)の両面の提案を行うことを中心に設立。